公益財団法人 日本野鳥の会

愛鳥週間はeBirdでバードウォッチング!

愛鳥週間はeBirdでバードウォッチング!5/10~5/16

5月10~16日は愛鳥週間。この機会に、身近な野鳥を観察してみませんか?eBird(イーバード)を使えば、バードウォッチングの楽しみ方がさらに広がります。

eBirdは、コーネル大学鳥類学研究室(Cornell Lab of Ornithology)が運営する、世界最大の野鳥観察データベース。eBirdでは、自分が見た鳥を、PCやスマートフォンからオンラインで記録することができ、世界中のバードウォッチャーが観察した野鳥情報にアクセスできます。eBirdを利用すれば、スマートフォンひとつが、フィールドノートにも、図鑑にも、探鳥地ガイドにもなります。2021年11月に“eBird Japan”ができたことで、さまざまな機能やサービスを日本語で利用できるようになりました。

5月10日~16日の愛鳥週間期間、eBirdに観察記録を投稿しよう!

日本野鳥の会では、eBirdを通じてより多くの方に野鳥に親しんでいただけるよう、5月10~16日にかけて、キャンペーン「愛鳥週間はeBirdでバードウォッチング!」を開催します。この間、好きな時にバードウォッチングをして、その結果をeBirdに投稿するだけで、参加できます。また、オンラインでのeBird使い方講座や、野鳥識別講座も予定しておりますので、バードウォッチングが初めて、という方もぜひご参加ください。

キャンペーン「愛鳥週間はeBirdでバードウォッチング!」

期間
2022年5月10~16日(愛鳥週間/バードウィーク)
参加方法

特別な申し込みは必要ありません。期間中いつでも、好きな時間にバードウォッチングをして、見た鳥を「eBird Japan」またはアプリ「eBirdモバイル」から投稿してください。

特別な場所に行かなくても、家の窓から5分、庭に来た鳥を観察する/通勤や通学の途中で見た鳥を観察する/子供と一緒に行く公園にいる鳥を観察するなど、日常生活の中の観察でも構いません。

eBird Japanに投稿するには

既にeBirdのアカウントを持っている方は、モバイルアプリ、またはウェブサイトからチェックリストを投稿できます。アカウントを持っていない方は、アカウントの作成から始めましょう。
詳しくは「eBirdを始めよう」をご覧ください

参加賞
期間中にチェックリストを投稿された方のうち、

育林材の時計
時計(直径約16cm)

1.観察した種数が最も多かった方上位10人(同数多数の場合は抽選)に、「サントリー特別賞」としてサントリーホールディングス株式会社提供の「育林材の時計(*写真はイメージです。デザイン、梱包仕様は、実際の記念品とは異なる場合があります)」
育林材について


今治タオル森の野鳥

2.7日間毎日チェックリストを投稿した方 10人(該当者多数の場合は抽選)に、「日本野鳥の会賞」として日本野鳥の会オリジナルグッズ「今治タオル森の野鳥(フェイスタオル&ハンドタオル)」


をさしあげます。

*日本在住者の、日本国内の記録が対象となります。
*当選者には、eBirdデータベースからメールアドレスを取得させていただき、日本野鳥の会からご確認のメールをお送りした上で、賞品をお送りします。

初めてeBirdを使う方、これからeBirdを始めたいという方へ

1.動画「eBirdの使い方」を公開しました

eBirdの概要と、観察結果の投稿方法をご紹介する動画ができました。
eBirdの使い方」(YouTube)をご覧ください。

2.オンラインセミナーのご案内

eBirdの基本的な使い方を紹介するウェビナー「eBirdを始めよう」、身近な野鳥を識別するポイントを紹介するセミナー「野鳥識別の基本と、アプリMerlinの使い方」の2つのオンラインセミナーを開催します。詳しくは以下をご覧ください。

ウェビナー「eBirdを始めよう」

eBirdをこれから始めてみたい、という方はぜひご参加ください。eBirdの概要と基本的な機能、自分が見た鳥をどのように記録・投稿できるかをわかりやすくご紹介します。

日時
2022年5月9日(月) 19:00-20:00 ※受付は終了しました
対象
初めてeBirdを使う方、これからeBirdを使ってみたいという方
方法
Zoomウェビナー(定員400名)
解説
葉山政治/岡本裕子(公益財団法人 日本野鳥の会)

録画の視聴はこちら

セミナー「野鳥識別の基本と、アプリMerlinの使い方」

身近な野鳥の識別の基本と、識別をサポートするアプリ「Merlin野鳥識別」を使う際のポイントをご紹介します。eBirdを使ってみたいけれど野鳥の識別に不安がある、という方におすすめです。

日時
2022年5月12日(木) 19:00-20:10 ※受付は終了しました
対象
eBirdを使いたいが識別に不安があるという方、初めてアプリ「Merlin野鳥識別」を使う方
方法
Zoomミーティング(定員95名)
講師
奴賀俊光(公益財団法人 日本野鳥の会)

5月14日(土)は「グローバル・ビッグ・デー(世界一斉野鳥カウント)」

5月14日はコーネル大学鳥類学研究室が主催する世界一斉野鳥カウント「グローバル・ビッグ・デー(Global Big Day)」です。

この日に投稿すると、その記録は世界一斉野鳥カウントの記録として集計されますので、ぜひ投稿してみてください。当日は「グローバル・ビッグ・デー」のサイトから、世界各地でどのような鳥が見られているかをリアルタイムで見ることができます。

Global Big Day


お問い合わせ
(公財)日本野鳥の会
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-9-23丸和ビル
担当:自然保護室 葉山政治/岡本裕子
電話:03-5436-2633 E-mail:[email protected]

自然保護活動のご支援を お願いします!
  • 入会
  • 寄付