公益財団法人 日本野鳥の会

「eBird/Merlin設定と基本操作ガイド」を公開しました

eBirdは、コーネル大学鳥類学研究室が運営する、世界最大の野鳥観察データベースであり、市民科学(市民と科学者が協働する科学研究)プロジェクトです。eBirdには、世界中のバードウォッチャーから10億件以上の野鳥観察情報が寄せられ、その情報は鳥類の研究や保護活動に役立っています。

日本野鳥の会では、コーネル大学鳥類学研究室と協働で、2021年11月にeBirdの日本語版「eBird Japan」を開設しました。そしてこのたび、eBirdをより多くの方にご利用いただけるように、eBirdと野鳥識別アプリMerlinの設定と基本的な操作方法を紹介するガイドを公開しました。

eBirdを使うことで、自分が見た鳥をオンラインで記録できるほか、見たい鳥が観察された場所や、人気のバードウォッチングスポットなどを検索することができます。

すでにバードウォッチングを楽しまれている方は、ぜひ、観察記録をeBirdにお寄せください。これからバードウォッチングを始めたいという方、野鳥の識別に自信がないという方は、eBirdと連動して野鳥の識別をサポートするアプリ「Merlin野鳥識別」からお試しください。

「eBird/Merlin設定と基本操作ガイド」(PDF:1.2MB)

自然保護活動のご支援を お願いします!
  • 入会
  • 寄付